電波な人々 [Kindle版]

電波な人々 [Kindle版]

世の中には得体の知れない相手から嫌がらせや攻撃を受けて怯えた日々を送っている人達がいる。彼等は何に怯えているのか?得体の知れない相手の正体とは?これはアナザーワールドに迷い込んでしまった人達の事例集

 

Kindleストアにて発売中←(別ウインドウで開きます)

言った言わないの電話トラブルや伝えた事の証明

口約束も契約としてみなされますが、それは証明で着ての話。

通常はそれを証明できないので、言った言わないの水掛け論になってしまう。

それを防止する為には会話を録音する事だ。

商談の電話や契約に関する電話、顧客からの問い合わせに対する受け答えなどを録音しておけば、言った言わないの問題を解消できる。

電話での会話を録音する方法は然程難しくなく、別段高いコストも難しい操作も必要としない。

必要なのはボイスレコーダーと接続アダプター。

ますは固定電話の録音方法だが、RVR-030SVなどの外部入力端子付きでVOR機能が付いたボイスレコーダー接続アダプターが有れば良い。

外部入力端子が無い機種だと接続アダプターをボイスレコーダーに取り付けられない。

VOR機能は音声起動の事で、音声の有無を自動確認して音声のあるときだけ録音を開始する機能で、音声が無くなれば自動的に録音を停止する。

つまり、普通に電話で話していれば勝手に録音してくれる。

ボイスレコーダーを選ぶ際の注意点は、USB端子が付いている機種か、SDカードスロットが付いている機種を選ぶ。

その理由は、USB端子やSDカードスロットの無いボイスレコーダーの録音ファイルをパソコン等に保存しようとすると、ライン入力で保存しなければならず、パソコンに保存するのに録音時間と同じ時間が必要になる。

USB端子が付いていれば、ファイル転送だけなのであっという間に保存できるし、SDカードはカードに保存できるのでSDカードを帰るだけでよい。

ボイスレコーダーのファイルは日付と時間も記録されたデータとして残るので、その音声ファイルをパソコンに転送するだけで何時の録音か管理する事が出来る。

 

まずはボイスレコーダーを用意する。

rvr-030sv-ss

スレコーダーの設定でVOA録音をONにする。

そして通話録音アダプターTRA-H44WH

tra-h44wh-ss

このアダプターを固定電話のカールコードに設置してラインケーブルでボイスレコーダーの外部入力端子に接続する。

後はVOR録音状態にしておけば、勝手に録音してくれる。

RVR-030SVはLPモードで138時間の録音が可能だが、電池は15時間しか持たないので注意が必要だ。

録音ファイルはUSBでパソコンと接続すると、リムーバルとして認識するので、ボイスレコーダーに入っているファイルをそのまま任意のファイルにドラッグ&ドロップすればよい。

 

 

防犯カメラの録画方法は何を選べばよいのか?

防犯カメラの録画には、センサー録画や常時録画がある。
センサー録画にも動体検知モーション検知がある。

何を選んだらよいのか迷う所だが、これは目的と予算で変ってくる。

まずは2種類のセンサー録画の違いから理解しよう。

動体検知は、いわゆる赤外線センサーで感知したら作動するのだが、ガラス越しの感知は出来ない。

ryk-9109-ss

 
モーションセンサーは、画面に動く物を検知すると作動する。

itr-160-ss

まずはこの両者の違いを理解する事だ。

例えば室内に防犯カメラを設置したとして、赤外線センサー(パッシブ)は窓の外で何かが動いても反応はしないが、モーションは窓の外でも画面に動きがあれば反応する。
つまり、窓の外に頻繁に車や人が通るような場所でモーションセンサーを使うと、常に反応している事になり常時録画と変らなくなるが、赤外線センサーは窓の外で人や車が通ろうとも反応はしない。

そもそもセンサー録画は、容量に制限のある録画媒体の容量を減らして、無駄な録画を少なくするのが目的の録画方法であり、常に反応していたらその意味は消失してしまう。
そしてセンサー録画の機種は、常時録画の為の機材に比べてかなり安価な為、予算に余裕の無い人に向いている。

モーションセンサーを使うなら、センサー範囲を指定できる機種がお奨めだ。
モーションセンサーは、太陽が急に翳ったりしても反応してしまうし、時計の針の動きでも反応してしまう事もある。
画面上でセンサー範囲を指定できる機種であれば、反応させたい場所だけ指定しておけば無駄な撮影は無くなる。

しかし防犯カメラを設置するなら金額は高くなるが常時録画にするべきだと思う。
特に疑心暗鬼に陥っている人は、センサー録画をを選ぶべきではない。

人間は見えない所に疑念を持つ習性が有り、センサー録画だと映っていない時間に何かの疑念を抱いてしまう。

そうした疑念を生まない為には、タイムスタンプの入った常時録画で撮影するのが一番である。

 

常時録画システムを構築するには防犯カメラとHDDレコーダーが必要になる。

HDDレコーダーITV7924

itv-7924s

防犯カメラTR-204C

tr-204c-ss

常時録画システムを構築するのに、もう一つ必要になるのが変換アダプターだ。

こうした防犯用のHDDレコーダーの出入力端子は、テレビ等に付いているRCAピンジャックになっていない。

RCAと言うのは、ビデオデッキとテレビを繋ぐ時に使う赤白黄色の三色のコードの事で、こうした防犯用のHDDレコーダーの映像端子はアンテナ接続の端子に似たBNC端子になっている。

防犯カメラの映像ケーブルの端子がRCAだとRCAをBNCに変換するVA-12が必要になる。

va-12

HDDレコーダーの映像信号は入力も出力もBNCになっているので、モニターに接続する為に最低1個必要にある。

防犯カメラの映像端子がBNCならVA-12は1個だけで良いが、防犯カメラの映像端子がRCAならば防犯カメラの代数だけVA-12が必要になる。

因みにHDDレコーダーの音声の入出力端子はRCAなので、音声の出入力端子にVA-12は必要ない。

ご老人の一人暮らしには防犯カメラの室内設置! ご老人のこんな言動には要注意!

ご老人の一人暮らしには防犯カメラを室内に設置する事を奨めします。

 

今まで何件も侵入犯に何度も入られると言う独居老人のお宅に、防犯カメラを室内に設置して来ました。

その経験から独居老人の方が何かを取られると言われたら、早急に防犯カメラの室内設置をお奨めしています。

また設置する場合は、常時録画できるハードディスクレコーダーで録画、撮影も赤外線暗視カメラで録画する事です。

 

実は今まで「物を取られる」と言う独居老人のお宅に防犯カメラを設置して、犯行現場が撮影された事は極めて少ないのです。

犯行現場が撮影される事が極めて少ないのに、何故お奨めなのか? そんな疑問も持たれるでしょう。

 

しかし、犯行現場は映っていなくても、もっと深刻な光景がしっかりと映し出されているのです。

それは記憶に無い自分の光景。

 

多くの独居老人のお宅に防犯カメラを設置して判明した事実は、物を取られると言う独居老人の多くは認知症による記憶障害だったのです。

しかし「取られた」と被害を訴えているのに、最初から疑う訳にも行きません。

そして、ご家族の方はその真偽も分からぬまま、ご老人の言動に振り回される事になってしまいます。

 

そこで、犯行の証拠を取ると言う名目で、室内の防犯カメラを設置するのです。

そして異変を感じたら、映像でチェックするのです。

 

この方法で今まで何人もの初期の認知症の方を発見して治療に向わせています。

認知症は、初期であれば進行を遅らせる事が出来ます。

つまり独居老人のお宅に室内に防犯カメラを設置するのには、防犯目的より重要な意味もあるのです。

またこの防犯カメラですが、認知症と診断が下っても無駄にはなりません。

何処にしまったか忘れてしまった物も映像で記録されているので、本人が分からなくてもご家族の方が見つけてあげることが出来るのです。

 

認知症と診断された方には共通した言動が有りますので、こんな言動が出たら要注意です。

味噌や醤油が無くなっている。

米の減りが早い。

盗んで行って、盗んだ物を戻しに来ている。

別の場所に何か隠す嫌がらせを受けている。

家具や物の位置がずれている。

鍵を何度替えても開けられる。

 

こんな言動は認知症の兆候かもしれません。

 

の実例をご紹介しましょう。

 

普段から買い置きしていた飲み物がなくなったり、炊いたはずのご飯がなくなっていたりしていたが、ある時タンスの中にしまっておいた預金通帳と印鑑が盗まれ、後日現金を引き出された通帳と印鑑が別の場所に戻されていた。

 

この事案に対し、防犯カメラの室内設置を薦めて設置しました。

その一週間後、ガスのような物で眠らされてと言う連絡が入り映像をチェックすると、眠らされてと言う時間に誰かと電話で楽しげに話している姿が映っているのに、その記憶が全く無い。

記憶が無いのは脳に何か異常が有るのかもしれないと、同席した親族の方に診察を進めて認知症と診断されて治療を開始。

 

防犯カメラは防犯だけではなく、認知症の早期発見にも有効な手段なのです。

 

 

賃貸マンションのツーロック

賃貸マンションでツーロックにしようとすると、契約上退去の際は現状復帰の項目があり、通常の鍵を取り付けるとドアに穴を開けたりビス止めしたりしなければならないので家主の許可が貰い難い。

入居者としては、退出の際に設置したままにしていれば次の人も使えるし、穴を空けても問題ないと思うかもしれないが、家主からするとそうは行かない。

ドアの鍵は退去したら交換するのが基本。

前の住人がスペアキーを作って持っていないとは限らず、新しく入ろうとする入居者は鍵の交換が行われていなければ不安を感じるからだ。

なので、前の住人が取り付けて行った鍵はそのまま使えない。

鍵を撤去すれば大きな穴が開いているので、ドアごと交換しなければならなくなる。

なので、家主としては簡単に許可する訳には行かない。

 

しかし、ドアに穴を開けずにうーロックに出来る鍵がある。

それが「らくらくロックDS-RA-1U」だ。

声はドアの隙間を通して取り付けるので、穴を開ける事も無くビスの穴も開ける事はない。

鍵もディンプルキーなのでピッキングが難しく、外付けなので編むターン回しも使えない。

 

施錠するとこんな状態になる。

SCR-NLS-DSRA1U_01

 

施錠していないとこんな状態だ。

DS-RA-1Ut6

この鍵には批判的な意見もある。

外付けなので施錠すると留守が分かってしまうので空き巣に狙われる。

 

しかしそれは杞憂に過ぎない。

その批判的な意見は、設置して施錠しなければ在宅と思わせることが出来ると言う事でもある。

そんな事はさておき、一枚の写真を見て欲しい。

TS280035

 

さてこれが何の写真家お分かりだろうか?

は破壊されたドアポストの写真だ。

 

これも空き巣の手口で、ドアポストにバールを差し込み、手前に血から強く引くをドアポストの下部の部分が手前に大きく変形し、その際にドアポストの枠が外れる。

するとドアポストは手が入る大きさになり、そこから手を突っ込んでサムターンを回してドアを開ける。

この方法を使われれば、どんなにピッキングに強い鍵でも、通常のワンドアツーロックにしても意味を成さなくなってしまう。

 

しかし「らくらくロックDS-RA-1U」ならこの方法を使われても進入される事はなく、侵入犯はこの鍵を見ればこの方法が使えない事は見れば分かるので、侵入犯に諦めさせる効果がある。

しかも価格的にもかなり安い。

マンションのベランダは要注意!

マンションに於ける侵入経路で多いのが窓からの侵入です。

マンションの上層階に行くほど無施錠の窓が多くなる傾向があり、侵入犯は上層階からベランダ伝いに下層階へ降りて行きます。

 

例え施錠していても、ベランダ自体が隠れ場所にもなってしまうので、焼き破りなどの音を出さずにガラスを割って侵入されれば鍵を閉めていてもあまり意味は有りません。

そこで一つの対策として防犯フィルムをガラスに張るという方法が有ります。

防犯フィルムはガラスを割る時間を稼ぎ、犯行を諦めさせる効果が有るとされています。

最新のマンションでは、最初から防犯ガラス等が使われていたりしますので、安心しておられる方もいらっしゃるかと思います。

 

しかし、防犯ガラスにしても防犯フィルムにしても、多くの人が見落としている事があります。

窓ガラスを割ろうとして割れずに諦めたとしたら、それは効果が有ったのでしょうか?

 

実は犯行を諦めたとしても被害は甚大で、割り損なったガラスを交換しなければならず高額な損害になります。

ではどのようにすれば効果的なベランダの防犯が出来るのでしょうか?

 

それは「センサーライト」の設置です。

fs-960-ss

侵入犯の立場になって考えてみましょう。

もしベランダに降り立った時に、スポットライトを浴びたかのようにライトで照らされたら?

 

私なら直ぐにでもその場所を離れたくなります。

 

センサーライトは、自分が夜間にベランダに出た時にも便利ですし、音も無いのでご近所迷惑になりません。

 

これは一戸建て住宅の庭も同じです。

これは窓からの侵入の手口の一つ「三角割」の痕跡です。

TS280062

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防犯カメラ設置の基本

屋外の防犯カメラの設置の基本は、左右から2台のカメラを向き合わせるように設置する事です。

防犯カメラの死角はカメラの後方、カメラの後方から忍び寄ってカメラを無効化されたら設置した意味が有りません。

その為、2台のカメラを向かい合わせる事で死角を無くして撮影するのです。

 

室内撮影の場合は、動線を考慮して設置します。

侵入者が室内を移動する際、必ず通る動線を考慮して設置するのか基本です。

 

録画には必ずタイムスタンプを入れる事も基本。

タイムスタンプが付いていない録画装置でも一工夫すれば大丈夫。

撮影場所に日めくりカレンダーと大き目の掛け時計を設置し、それが映りこむようにカメラを設置すればタイムスタンプの役割を果たします。

時計はアナログの方が時間がわかり易くお奨め、デジタルですと文字がつぶれていたりして読み取れない場合も有ります。

アナログ時計ではAMとPMの違いが分からないとお考えの方もいらっしゃいますが、日の差し方や部屋の明るさで分かります。

困難だった愛車の監視にもドライブレコーダーが有効

今まで月極駐車場での愛車への悪戯や、傷付け、車上荒らしなどに対する有効な監視方法が有りませんでした。

防犯カメラを設置しようとしても電源が無く、カメラを設置する場所も無い。

電池式の小型カメラは2時間程度で電源が切れてしまう。

しかし様々なドライブレコーダーが登場し、オプショナルパーツも充実した為、困難だった愛車の監視も可能となりました。

 

一般家庭向きの方法としては、ドライブレコーダーNX-DR05リチウムイオンマルチパワーボックスBP-2又はマルチパワーボックスBP-1の組み合わせです。

nx-dr05-ss

bp-1s

ドライブレコーダーNX-DR05は赤外線ライト搭載で照射距離は短いですが夜間の撮影も可能、バッテリーパックを使えばバッテリーでBP-1で19時間、BP-2で15時間稼動しますので、32GのSDカードを使用すればバッテリーの駆動時間録画を続けられますので、バッテリーとSDカードを入れ替えれば継続して撮影する事が可能になります。

 

一般家庭向けの理由は、価格が安く、本体が小型である事です。

探偵さんのバックアップにはドライブレコーダーCDR-30をお奨めしていますが、探偵さんの尾行や張り込みは調査員が車内にいて尾行や張り込みをしますので、大きさよりも性能が重視されますが、誰も乗車していない車の監視では見つかり難さが重要になります。

小型と言う面ではNX-DR05はお奨めなのです。

但し、NX-DR05の搭載赤外線ライトの照射距離は小型なのでかなり短いので、夜間の映りが悪いようでしたら完全不可視型赤外線投光器 C-LIGHT(C-ライト)の併用をお奨めします。

c-lights

探偵業の車両による尾行にはドライブレコーダーが有効!

探偵業で行う尾行で、常時録画タイプのドライブレコーダーを使うと、見逃し無く録画として記録されるのでお奨めです。

一番のお奨めは「2カメ搭載ドライブレコーダーCDR-30」です。

cdr-30s

その理由は左右上下可動式のカメラを2台搭載しているので、撮影範囲が広く2台の30万画素のカメラでVGAモードで撮影して、32GSDカードに5時間の撮影が可能、エンジンを切っても内臓バッテリーで2時間作動し、別売のバッテリーを使えば25時間作動しますので、尾行や張り込みのバックアップ録画に最適です。

また夜間撮影の際、完全不可視型赤外線投光器 C-LIGHT(C-ライト)準不可視型赤外線投光器 K-Light(K-ライト)を併用すると、目立たず夜間撮影も可能になります。

映像にはタイムスタンプで日時が記録されますので、報告書に於ける調査実行の証明や時系列の証明としても利用価値が有ります。

 

ドライブレコーダーにはもう一つ有効的な使い方があります。

探偵業を営んでおられる方ならご経験が有ると思いますが、例えば調査の相談の時に調査料金で折り合いが付かず話が流れてしまう事も経験されているかと思います。

人が行う調査なら人件費等のコストがかかりますが、こうした機械を使った調査であれば人件費は掛かりません。

つまり撮影だけする調査と言う営業項目を作り、長時間録画が出来るドライブレコーダーを用いて撮影だけ安価に請け負えば、料金面で折り合いが付かずに逃していた客を逃さずに済みます。