赤外線ライト : 準不可視型赤外線投光器 K-Light(K-ライト)

このエントリーをはてなブックマークに追加

準不可視型赤外線投光器 K-Light(K-ライト)



価格: ¥23.000 数量 :

 

準不可視型赤外線投光器 K-Light(K-ライト)の特徴

赤外線投光器K-Lightは、波長のピークを940nm(ナノメートル)とした近赤外線領域の照明装置です。LED(Light Emitting Diode)には、赤色・赤外光として最も一般的なガリウム砒素(GaAs)化合物を採用し、安定した照射能力と長寿命を特徴としています。

●104灯のLEDを高密度配列で強力照射

軽量・コンパクトなボディに、104灯のLEDを先端の技術で高密配列。これにより、赤外線の照射距離を10メートルと、従来のM-Lightの約2倍の照射距離を実現しました。

●光源が見えにくい準不可視LED

K-Lightは、可視光を殆ど含まない、準不可視LEDを採用。光源の特定が分りにくいのが特徴です。

※注意:準不可視とは、日中などの強い光源下のもとではLEDの点灯はほとんど分りませんが、夜間などの暗所では近接して見た場合、わずかに赤く光って点灯が確認できます。

●高信頼性の日本製発光ダイオードを採用

低温でも発光効率が良く、安定した照射能力、そして長寿命を特徴とする、高い品質管理のもとに製造される日本製の発光ダイオードを採用しています。

●可搬性に有利なバッテリー駆動

電源ジャックに12Vφ2.1mm(センター+)コネクターを採用しました。単3電池パック及びDualVOLTAGE HCの利用が可能です。電源の確保できない場所でも、これらとの組み合わせにてご使用できます。

※注意:電池パック(アルカリ単三乾電池×8本)で約17時間、DualVOLTAGE HCで約4時間の駆動が可能です。

●本体底部に三脚ネジ穴

本体の底部には、最も一般的な1/4インチカメラネジ(メス)が切ってあります。三脚はもちろん、バウンサーやモニタークランプなどへの取り付けも可能で、自由度の高いセッティングができます。

 

K-Lightは従来機M-Lightの約2倍の照射能力を有する

K-Lightは従来機M-Lightの約2倍の照射能力を有する

 

本体背面

本体背面

 

準不可視型赤外線投光器 K-Light(K-ライト)の仕様
製品カテゴリー
準不可視近赤外線投光器
LED素材
ガリウム砒素(GaAs)化合物(日本製)
指向性
狭指向性
赤外線ピーク波長
940nm(ナノメートル)
有効赤外線照射距離
約10メートル
電源
DC12V
対応電源ユニット
DC12VスイッチングACアダプター(オプション)、 電池パック(オプション)、DualVOLTAGE HC(オプション)
電池寿命
電池パック使用時:約17時間(アルカリ乾電池×8本) DualVOLTAGE HC使用時:約4時間
外寸
78×69(72)×35(47)mm
重さ
186g
その他
本体底面に1/4インチカメラネジ(メス)装備
別売オプション品
DC12V ACアダプター、電池パック、DualVOLTAGE HC