盗聴発見器 : 操作が簡単、初心者向きの盗聴発見器! 盗聴発見器バグピンガー

このエントリーをはてなブックマークに追加

盗聴発見器バグピンガー

 


価格: ¥65.000 数量 :

 

盗聴発見器バグピンガーは、ほぼ全ての盗聴電波に反応する信頼の発見性能です。
28~2.000MHzまでの広域をスキャンします。盗聴発見器バグピンガーは充実の発見モード(サーチ・傍受・追跡)により確実に盗聴器まで誘導します。
ピンガーモードにより、盗聴器までの距離(メートル)を信号表示。
現在の最高水準の盗聴発見技術をこの1台に凝縮

注)バグピンガーは盗聴発見器です。
電波を受信し、音声を聞く事ができますが、あくまでも盗聴波確認用の機能で、受信機とは違いますのでご注意下さい。

 

盗聴発見器バグピンガー(BUG PINGER)の特徴

1. 盗聴発見器バグピンガーは、新機能ピンガ-モード搭載。この機能により、盗聴器までの距離を割り出します。

2. 盗聴発見器バグピンガーは、便利な2機能(警告モード&受信モード)も搭載。警告モード時は電子アラームで、受信モード時では盗聴波を実際に受信して盗聴器の存在をすばやく伝えます ピンガーモード:潜水艦で使われるソナーのような働きをします。  盗聴発見器バグピンガーから出る「カッカッカッ」というピンガー音を盗聴器がひろい、それを電波にのせ送信します。 その電波を盗聴発見器バグピンガーが受信します。 この1サイクルにかかった時間から距離を割り出す機能です。 LEDの点灯数により距離を表示します。

盗聴発見器バグピンガーの操作パネル

盗聴発見器バグピンガーの操作パネル

盗聴発見器バグピンガーのモード表示LED

盗聴発見器バグピンガーのモード表示LED

※ピンガーモードは、ソナーに類似の機能であり、ソナー (超音波探知機)ではありません

盗聴発見器バグピンガー(BUG PINGER)の使用上の注意

1. 本機は精密機械ですので、落下させたり強い衝撃を与えると故障する恐れがあります。股、高温・多湿の場所での使用や保管はお避け下さい。

2. 本機は有線式および直接式の盗聴・盗撮機など、電波を発しないものには反応しません。

3. テレビ、パソコン、電子レンジ、コードレスフォン等の電子機器に接近させると、瞬間的に強い電波を発見したかのような反応をすることがあります。そうした場合は、適宜「音声受信モード」で確認してください。

4. 本機は基本的に電波や盗聴器類に詳しい方向けの商品です。発見が難しい場合や、使用に際して危険を伴う恐れのある場合は、専門の調査機関にご相談ください。

盗聴発見器バグピンガー(BUG PINGER)の仕様

検知最小出力

発信機出力 0.05mW (0.00005W)

受信周波数 28~2,000MHz

電池チ寿命 約5時間(アルカリ電池)

電源

単3形電池(1.5V)4本

重量 193g(マンガン電池含む)/アンテナ28g

寸法 本体37(40)x69(74)x174(184)mm/アンテナφ14.5