賃貸マンションのツーロック

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸マンションでツーロックにしようとすると、契約上退去の際は現状復帰の項目があり、通常の鍵を取り付けるとドアに穴を開けたりビス止めしたりしなければならないので家主の許可が貰い難い。

入居者としては、退出の際に設置したままにしていれば次の人も使えるし、穴を空けても問題ないと思うかもしれないが、家主からするとそうは行かない。

ドアの鍵は退去したら交換するのが基本。

前の住人がスペアキーを作って持っていないとは限らず、新しく入ろうとする入居者は鍵の交換が行われていなければ不安を感じるからだ。

なので、前の住人が取り付けて行った鍵はそのまま使えない。

鍵を撤去すれば大きな穴が開いているので、ドアごと交換しなければならなくなる。

なので、家主としては簡単に許可する訳には行かない。

 

しかし、ドアに穴を開けずにうーロックに出来る鍵がある。

それが「らくらくロックDS-RA-1U」だ。

声はドアの隙間を通して取り付けるので、穴を開ける事も無くビスの穴も開ける事はない。

鍵もディンプルキーなのでピッキングが難しく、外付けなので編むターン回しも使えない。

 

施錠するとこんな状態になる。

SCR-NLS-DSRA1U_01

 

施錠していないとこんな状態だ。

DS-RA-1Ut6

この鍵には批判的な意見もある。

外付けなので施錠すると留守が分かってしまうので空き巣に狙われる。

 

しかしそれは杞憂に過ぎない。

その批判的な意見は、設置して施錠しなければ在宅と思わせることが出来ると言う事でもある。

そんな事はさておき、一枚の写真を見て欲しい。

TS280035

 

さてこれが何の写真家お分かりだろうか?

は破壊されたドアポストの写真だ。

 

これも空き巣の手口で、ドアポストにバールを差し込み、手前に血から強く引くをドアポストの下部の部分が手前に大きく変形し、その際にドアポストの枠が外れる。

するとドアポストは手が入る大きさになり、そこから手を突っ込んでサムターンを回してドアを開ける。

この方法を使われれば、どんなにピッキングに強い鍵でも、通常のワンドアツーロックにしても意味を成さなくなってしまう。

 

しかし「らくらくロックDS-RA-1U」ならこの方法を使われても進入される事はなく、侵入犯はこの鍵を見ればこの方法が使えない事は見れば分かるので、侵入犯に諦めさせる効果がある。

しかも価格的にもかなり安い。

コメントを残す