マンションのベランダは要注意!

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションに於ける侵入経路で多いのが窓からの侵入です。

マンションの上層階に行くほど無施錠の窓が多くなる傾向があり、侵入犯は上層階からベランダ伝いに下層階へ降りて行きます。

 

例え施錠していても、ベランダ自体が隠れ場所にもなってしまうので、焼き破りなどの音を出さずにガラスを割って侵入されれば鍵を閉めていてもあまり意味は有りません。

そこで一つの対策として防犯フィルムをガラスに張るという方法が有ります。

防犯フィルムはガラスを割る時間を稼ぎ、犯行を諦めさせる効果が有るとされています。

最新のマンションでは、最初から防犯ガラス等が使われていたりしますので、安心しておられる方もいらっしゃるかと思います。

 

しかし、防犯ガラスにしても防犯フィルムにしても、多くの人が見落としている事があります。

窓ガラスを割ろうとして割れずに諦めたとしたら、それは効果が有ったのでしょうか?

 

実は犯行を諦めたとしても被害は甚大で、割り損なったガラスを交換しなければならず高額な損害になります。

ではどのようにすれば効果的なベランダの防犯が出来るのでしょうか?

 

それは「センサーライト」の設置です。

fs-960-ss

侵入犯の立場になって考えてみましょう。

もしベランダに降り立った時に、スポットライトを浴びたかのようにライトで照らされたら?

 

私なら直ぐにでもその場所を離れたくなります。

 

センサーライトは、自分が夜間にベランダに出た時にも便利ですし、音も無いのでご近所迷惑になりません。

 

これは一戸建て住宅の庭も同じです。

これは窓からの侵入の手口の一つ「三角割」の痕跡です。

TS280062

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す